Feature

5-knot. . . . . デザイナー 鬼澤瑛菜 インタビュー

CTDI_5knot_top

企業のライセンスブランドやフリーランスデザイナーとして経験を積み、夫でビジネスパートナーの西野岳人さんとブランドを立ち上げたのは2013AWのこと。2015年入賞組として、すでに2シーズンのサポートを受けている。湘南に住み、サーフィンをこよなく愛する二人は「旅とVintage」を大きなテーマとしてブランド活動をしながら、ヨーロッパ、アメリカ、アジアといった世界を旅して、ブランドの世界観を描き出している。

CTDI_5knot_14 CTDI_5knot_07

中央が鬼澤さんのボード。中にお気に入りのスカーフを閉じ込めたオリジナルのデザイン。

ファッション大賞に応募しようとしたきっかけを教えてください。

母校の恩師がファッション大賞のことを教えてくださって、支援内容を詳しく調べたのがきっかけです。ブランド立ち上げて間もない頃でしたが、とにかく海外に商品を持って行きたい!と考えていたので、とてもいいタイミングでした。

なぜ海外の合同展示会には出展したかったのですか?

ブランドを2013AWからスタートして、手探りながらも海外の合同展、NYのCorterieやCapsuleにはすでに出ていたんです。海外市場に対しては知識も経験も浅い中、自分達だけで手探りでやっていたので、支援を受けながらアドバイスもいただけたら嬉しいなと思っていました。

CTDI_5knot_15

ファッションディレクターの萩原輝美さんから受けた、商品企画ディレクションサポートの様子。

審査会では、多くの審査員に好評だったと感じました。審査会のときはどんな気分でしたか?

審査員の一人が私達の服を「ハワイで見た!」と言ってくださって嬉しかったです。ハワイに営業と旅を兼ねて行ったときに、飛び込みで見つけたショップなのですが、とても素敵なセレクトショップなんですよ!今でも継続しています。そこで見た私達の商品を覚えていてくださって感激しました。海外では合同展よりもそういった飛び込みで見つけたショップとの出会いのほうが続いていますね。ロスでは西野がはいていたデニムパンツを気に入って声かけしてくれた店員さんが、その場でバイヤーに電話をして紹介してくださり取扱いがスタートしたお店もあります。

CTDI_5knot_01 CTDI_5knot_02

2015年のプロ部門の審査会での様子。

2015年の入賞と当時に、都知事賞を受賞して、さらにパリのMC2ショールームにてコレクションをお披露目するチャンスも手にしましたね。

それまではアメリカでの取り扱いがメインで、アイテムもデニム中心でしたし、カジュアルなテイストばかりが受けていました。それはそれでよかったのですが、MC2と出会ったことで俄然ヨーロッパ市場にも進出できるチャンスを頂けました。MC2での初回は2016SSでしたが、非常に勉強になりましたね。東京とパリでは市場が違うということが頭では分かっているつもりでも、大きく違って。ショールームに並んでいる他ブランドの意識の高さに、自分達のクリエーションをもっと強めていかなければ!と思いましたし、次は得意な秋冬シーズンだからしっかり勝負するぞ!と改めて思いました。支援を受けてパリに行った結果、ブランドの未来やビジョンを再構築する部分も出てきましたが、早い段階でこういう経験ができて本当に良かったと思っています。

CTDI_5knot_03

東京都知事賞受賞の際の記念写真。

上海にも行きましたね。

上海に進出する意思を固めたのは、K-POINT ショールーム代表の周卉卉さんの存在が大きいですね。事務局にお引き合わせいただいたのですが、とにかくパワフルで経験値が高い! どんな展開にするのか明確な目標を持っていて、考え方もしっかりしていて安心感がありました。初めての上海出張でしたが、売上げも結果も良かったです。パリにしても上海にしても、支援していただけるチャンスを活かし体当たりで進んできましたが、行く先々で実際に街の雰囲気や人、市場もしっかりと見ることができて本当に満足しています。

国内に対してはどのように考えていますか?

お陰様で、取引先も増えています。けれどバイヤーはより新しい人や新しいもの、デザインにオリジナリティがあるものを求めていると感じます。私達らしく、大手セレクトショップのレギュラーラインにはできないことをしたいと思っています。そして2014年からスタートした、1点物のヴィンテージリメイクラインにも力を入れていきたいと考えています。

CTDI_5knot_05

ヴィンテージバッグをリメイクした1点物の商品はバイヤーから大人気。

今後の目標は?

3年間の支援は6シーズンの支援ですから、意外とあっという間。残りの4シーズンを充実させるために集中したいと思います。8月には阪急うめだ本店4階で、1週間ほどポップアップショップをすることが決まっています。百貨店にも入りたいですね。支援を受けて良かったと思うのは、同世代のデザイナー達と知り合えたことです。お互いに情報交換しながら、一緒に日本のファッションを盛り上げていきたいです。

CTDI_5knot_08

愛犬と共に、波が来るのを待つ。海のそばからは絶対に離れることができない!

CTDI_5knot_09

カラフルなサーフボード。

CTDI_5knot_10 CTDI_5knot_13 CTDI_5knot_11 CTDI_5knot_17 CTDI_5knot_12 CTDI_5knot_16

仕事で訪れた場所からインスピレーションを得ることは多い。西野さんのインスタグラムから。

PROFILE

鬼澤瑛菜 Ena Kizawa
文化服装学院アパレルデザイン科メンズデザインコース卒業。パートナーの西野岳人さん(文化服装学院アパレルデザイン科卒業)と共に、2012年に会社設立。企業のライセンスブランドやフリーランスのデザイナーとしての経験を活かし、現在も数社の企業とデザイン契約を結び商品企画やブランドのディレクション等にかかわっている。趣味と日常の経験を生かし、ドッグウェアやサーフボードなどのデザインも手掛ける。今後はさらにサーフィンにかかわるアイテムデザインを積極的に行いたいと考えている。
official site:http://www.5-knot.jp/
social link:> facebook  > Instagram

 
一覧にもどる
トップへ